Busan Metropolitan City

検索
釜山紹介
釜山市政
文化·観光
交通手段
経済産業
暮らし
その他

釜山市政

釜山革新都市

釜山市政 > 主要プロジェクト > 釜山革新都市

釜山革新都市の推進の背景

政府が2005年6月24日に發表した首都圈所在公共機關の地方移轉推進計画により、176の公共機關を首都圈と大田広域市を除く12の廣域市および道へ分散配置することを発表した。これを機に、地域の産業・大學ㆍ硏究機關ㆍ自治体が協力し、新しい成長を促進する特化された未來形都市を作っていくことが、革新都市推進の背景である。革新都市を通じ、地域および國家競爭力を强化している例としては、フランスのSophia Antipolis、日本の豊田市、そして、スウェーデンのKistaなどの先端産業都市の事例からうかがうことができる。 釜山革新都市は東三革新地區に海洋ㆍ水産関連の4つの公共機關が移轉することを始め、映畵ㆍ映像関連の3つの機關はセンタム地區に、金融及びその他5つの公共機關は門峴地區に移ることになり、共同住宅地を軍需司令部跡地に造成し、3つの革新地區および共同住宅地として出発することとなった。

釜山革新都市建設の槪要

革新地區別推進槪要

01. 東三地區

東三地區
基本現況

※ 旣存ㆍ計画施設(8) : 海洋水産硏修院等

開發方向

02. 門峴地區

 門峴地區
基本現況
開發方向

03. センタム地區

センタム地區
基本現況

※ 地區內計画施設(3) : 映像センター、映畵後半作業基地、文化コンテンツコンプレックス

04. 共同住宅地

共同住宅地
基本現況