Busan Metropolitan City

検索
釜山紹介
釜山市政
文化·観光
交通手段
経済産業
暮らし
その他

釜山紹介

新着情報

釜山紹介 > 釜山のニュース > 新着情報

9. 27 釜山タワー、世界タワー連盟(WFGT)公式登録

2017-10-12 58  ヒット
内容

Busan Tower 

釜山市は、釜山観光公社等共同「釜山タワー世界タワー連盟(WFGT, World Federartion of Graet Tower)への加入のために努力した結果、927日に公式登録が確定したとの通知を受けた。

 

 釜山タワーは、ソウルNタワーに次いで韓国で2番目に有名なタワーとして世界タワーに登録される。連盟には最近テレビ番組のパッケージ旅行のプログラムに登場したトロントCNタワー、ニューヨークのエンパイア・ステート・ビルディング、東京タワー、シドニー・タワー等、世界約20ヵ国の約50の有名なタワーが登録されている。

 

世界タワー連盟のホームページには、釜山タワーがドバイBurj Khalifa の次に掲載され、年間入場客50万人を基準としてUS$1,500の会員費を納付する。世界タワー連盟の会員はタワーだけではなく、タワーのある都市を世界に紹介する機会が得られる。連盟会員国はタワー運営コンテンツとマーケティング・ノーハウの共有のために毎年会議を開催し、3年に少なくとも1回以上共同会議に出席しなければならない。会員国はタワーの発展方策について共に議論を行い、世界各国の観光客に有名なタワーをお互い紹介するネットワーク活動を行う。

 

 釜山市はこの世界タワー加入を契機に、老巧化した龍頭山公園を代表的なランドマーク公園へと生まれ変わらせるため、新たな観光コンテンツの導入に力を入れている。そのひとつとして、CJフードビルを運営会社として選び、最新ITが集約された新概念のテーマパークとして7月にリニューアルオープンした。

展望台VR望遠鏡、夜景とAR(拡張現実)を利用した「ウィンドー・マッピング・ショー」等が新たな見どころとなっている。

 

 そして年末には、そのすべての努力が実を結ぶ。釜山タワーの外壁にはメディアファサード、また、免税店も公園内に12月のオープンする予定だ。今回の世界タワー連盟加入は、新しくなった釜山タワーを世界各地にPRするきっかけとなるものを期待されている。

 

WFGT 

世界タワー連盟のホームページ http://www.great-towers.com/towers/busan-tower/