Busan Metropolitan City

検索
釜山紹介
釜山市政
文化·観光
交通手段
経済産業
暮らし
その他

釜山紹介

新着情報

釜山紹介 > 釜山のニュース > 新着情報

釜山「クリーンエネルギー学校」事業、ユネスコ持続可能な開発のための教育(ESD)の公式プロジェクト認証

2018-08-07 7  ヒット
内容

 

Clean Energy School 

釜山市は、クリーンエネルギー学校事業がユネスコ韓国委員会が主管する「2018ユネスコ持続可能な開発教育(ESD)の公式プロジェクト認証制度」に選ばれ、再生可能エネルギー先導都市としての地位を高める契機となった。

 

ユネスコの持続可能な開発のための教育(ESDEducation for Sustainable Development)の公式プロジェクトは、持続可能な未来のために、地域社会と世界が直面しているさまざまな問題(エネルギー、気候変動、水、貧困など)を解決するために努力している政府機関や民間団体の事業に与えられる。

 

ユネスコ韓委員は、今年、全的に11の事業を選定し、特に釜山市、釜山市、韓エネルギ公団、釜山候環境ネットワクが共同で推進する「クリンエネルギー学校」事業が認証を受けた。

 

 

「クリンエネルギー学校」事業は、小高等校のエネルギ自立を目指し、5年間(20182022100校に太陽光電設備を普及する。また、太陽光電設備と連携して生にエネルギ生産と省エネルギを直接体してもらい、際に習得した知識を生活の中で実践してエネルギの大切さを体し、家庭に普及してもらおうとするものだ。