Busan Metropolitan City

検索
釜山紹介
釜山市政
文化·観光
交通手段
経済産業
暮らし
その他

釜山紹介

新着情報

釜山紹介 > 釜山のニュース > 新着情報

スマートシティエキスポ・ワールド・コングレス2018アワードモビリティ分野 全国初の本賞受賞

2018-11-29 22  ヒット
内容

Mobility Award at the World Smart City Awards 2018   

 

釜山市は、釜山創造経済革新センタ、釜山情報産業振興院と共に1113日から15日までスペインバルセロナで開催された2018スマトシティエキスポルドコングレスSmart City Expo World Congress2018SCEWC)にブースを設け、IoTリビングラボ事業とスマトシティ事業を報した。今回市が紹介したスマト交差点事業は、渋滞問題を抱えている多くの都市の注目を浴びた。

 

2018スマトシティエキスポルドコングレスは、スマトシティにおける世界最大の展示で、今年は146、約700以上の都市から844の展示品目と約400人の門家及び21,331が展示加した。

 

スマトシティエキスポルドコングレス2018アワドでは、75473都市および革新的なアイデアプロジェクトが加して、7つの分野で授賞式が行われた。授賞分野は、都市、革新的なアイデア、デジタルトランスフォション、▲都市環境、▲交通(Mobility)、ガバナンスと金融、包容性と共有経済など7つの分野のうち、釜山市は交通分野でのスマト交差点事業が全初の本賞を受賞した。この事業は、人工知能技術が適用されたディプラニング技術を活用したCCTV映像分析により科的に交差点オペレティングシステムを構築し、都心の交差点にリアルタイムで最適な信を表示し、運者に迂回案内サービスを提供する。これは、都心の渋滞緩和に向けた事業で、現在計23か所の交差点で実際に使われている。

 

これに対し、呉敦(ゴドン)市長は、「今後、スマト交通分野だけでなく、都市行政の全分野をスマトシティプロジェクトと連携し、市の行政の革新はもちろん、釜山のスマトシティを、グロバルスマトシティの標準モデルとして発展させていき、今後、北朝鮮はもちろん、世界中の都市がベンチマキングに訪れるようなモデルとなるよう今後も努力していきたい」と述べた。