Busan Metropolitan City

検索
釜山紹介
釜山市政
文化·観光
交通手段
経済産業
暮らし
その他

釜山紹介

新着情報

釜山紹介 > 釜山のニュース > 新着情報

イケア、オシリア観光団地内に東釜山店を着工

2019-01-10 13  ヒット
内容

 

IKEA East Busan Branch  

釜山市は、グロバル流通企業であるイケア(韓代表アンドレ・シュミットガル)がオシリア地内に東釜山店をオープンするために釜山市に現地法人を設立し、20181212日に着工式を行ったと発表した。

 

釜山市とイケアは、イケア東釜山店のオープンのために20172MOUを締結したが、主な容は、▲釜山に現地法人を設立 ▲金融取引のパトナとして地域銀行である釜山銀行を活用、地域の資金の好循環構造の構築に協力 ▲地域人材の雇用 ▲地域で調達可能な製品や外部用役については最大限地元企業に機を提供 ▲地域の中小商工人と共生できる方策を講じることなどが含まれている。

 

2020年上半期にイケア東釜山店がオープンすると、地域の人材など約500人以上を雇用して雇用創出にも大きく貢献する予定だ。特に、イケアは雇用形態や勤務時間にかかわらず、すべての業員に同じ業務環境と福利厚生を提供しており、若年層だけでなく、キャリア絶の女性、中・壮年層など、な年や階層に雇用機を提供する予定だ。

 

イケア東釜山店は、今後オシリアにオプンされるテマパク、アクアワルド、リゾトなどと一に釜山を代表する光名所として位置づけられるものと期待される。

 

一方、イケアは、1943年にスウェデンで設立されたグロバルホムファ二ッシング社で、全世界50422を運しており、約208千人の業員が勤務している。韓では、2014年の光明店をはじめ、高揚店など首都を中心に店を展開している。