Busan Metropolitan City

検索
釜山紹介
釜山市政
文化·観光
交通手段
経済産業
暮らし
その他

釜山紹介

新着情報

釜山紹介 > 釜山のニュース > 新着情報

広域市単位、世界初の2回連続「国際安全都市」公認獲得

2019-09-09 16  ヒット
内容

International Safe Communities
A Safe Community 
https://isccc.global 

 

釜山市が広域市単位では世界で初めて2回連続で「国際安全都市」の公認を受けた。


  市は8月19日国際安全都市公認センター(International Safe Community Certifying Center, ISCCC)から国際安全都市の再公認を受けたと明らかにした。


「国際安全都市」とは、市民の安全のため「体系的な安全基盤を基に持続的に努力する都市」であることを国際的に認められることを意味し、国際安全都市の公認を獲得した都市は全世界に40か国、405都市に上る。


 市は2014年に国際安全都市として初めて公認を受けた後、市民の安全体感度を高め、先進安全文化を定着させるために努力を続けてきた。毎年区・郡別にオーダーメイド型の安全事業を拡大し、訪問コンサルティング等を通じて安全指数を改善する等、安全インフラ構築のための様々な施策を推進した。このような努力が評価され、昨年行政安全部が発表した地域安全指数のうち、特に市民生活安全部門では特別市・広域市において最高レベルの評価を受けた。


国際安全都市は書類審査と現地実査等、国際安全都市公認センターの厳格な評価を経て公認される。先月行われた現地実査で釜山市は10年前と比較して損傷による死亡率が人口10万人当たり63人から50.5人に減少し経済的損失額が減った点と、火災等の事故に備えるアリラン通り市場の商人会(中区)の自発的な防災活動が高く評価された。


釜山市は来たる10月に国際安全都市再公認を祝うため、優秀事例の発表と共に宣布式を開催する予定だ。


お問い合わせ:安全政策課 (051)888-2892