Busan Metropolitan City

検索
釜山紹介
釜山市政
文化·観光
交通手段
経済産業
暮らし
その他

経済産業

釜山の主要成長産業

経済産業 > 釜山の主要成長産業
釜山の主要成長産業

釜山は1990年代までだけしても靴、繊維などを中心とした低付加価値の産業構造の下で製造業の輸出不振などで、低成長を持続したが、1999年から10大戦略産業育成計画を樹立して推進しており、企業の国外移転を防止するため、産業団地を持続的に拡充しました。現在10大戦略産業は世界的な技術及び経営環境の変化に合わせて2004年、2009年2度の見直しされており、2014年時点とする4次戦略産業の再編作業が終了段階にあり、世界5代スーパー港湾都市となった北東アジアの物流中心地であり、観光。MICE産業育成を通じた北東アジア観光コンベンション産業の中心地として国家発展を牽引する"北東アジア時代の海洋首都"に発展しています。

釜山の主要経済指標

Major Economic Indicators
経済活動人口
(千人)
地域総生産
(十億won)
中小企業
平均操業度 (%)
輸出
(US $m)
輸入
(US $m)
コンテナ処理
(TEU m)
釜山 1,693 62,128 71.9 13,560 13,770 17.046
全国 25,501 1,241,582 71.1 548,076 519,582 22.55
全国比率 6.6% 5.5% 2.5% 2.7% 75.6
基準年度 2012 2011 2012 2012 2012 2012

釜山市新戦略産業:既存の10代→5大産業に改編 (施行日:'14.1.1)

  • 海洋産業
  • 融合部品素材産業
  • 創造文化産業
  • バイオヘルス産業
  • 知識インフラサービス産業