Busan Metropolitan City

検索
釜山紹介
釜山市政
文化·観光
交通手段
経済産業
暮らし
その他

文化·観光

紹介

文化·観光 > 忠烈祠 > 紹介

忠烈祠釜山広域市有形文化財第7号

Busan Metropolitan City Tangible Cultural Properties No.7 photo

忠烈祠は壬辰倭乱(文禄,慶長の役)の際に, 朝鮮半島 に侵入してきた倭軍と戦い, 壮烈な死を遂げた签丨11地域 の護国烈士の英霊を祀る聖域です。
壬辰倭乱は, 日本を武力統一した豊由秀吉が, 政権安定 と領土拡大を図り, 朝鮮に出兵した侵略戦争でした。

当時の朝鮮は隣国情勢に疎く, 防備態勢も備わってい ない状況でしたが, 倭軍は鳥銃び種子島銃」の朝鮮での呼 称)という新しい武器で武装し攻め寄せ, 朝鮮側がこれを 防ぐには, あまりに人が少なく, 勝ちロなどないように見 えました。しかし毅然とした気概で戦い最期を遂げてい きました。

現在の忠烈祠は1605年(宣祖38年), 東莱府使尹暄によ って東莱邑城南門の内側に忠烈公太象賢を祀った公太祠 が建立され, 毎年祭祀を執り行ったことをきっかけとし , 1624年(仁祖2年)宣慰使李敏求の建議で「忠烈祠」とい う扁額を賜り, 签山鎮城で狗節した忠壮公鄭撥を併祀しました。

その後, 1652年(孝宗3年)に忠烈祠を現在の位置(安楽 洞)に移し, 烈士の忠節と学問を後世に伝えるために, 講 堂と東西斎を建立, 安楽書院と名づけて祠と書院の両機 能を備えました。

1709年(率宗35年)に, 忠烈公と忠壮公が殉節した時に 共に忠節を全うした梁山郡守趙英圭, 東菜教授盧蓋跟儒 生文徳謙, 梁潮漢, 裨将太鳳寿, 軍官金希寿, 個人申汝櫓 , 郷吏太伯, 府民金祥らの位牌を祭る別祠を太公詞跡に建 立しました。

1736年(英祖12年)には別祠に祀られていた位牌を忠 烈祠に合祀し, 1772年(英祖48年)には多大僉使尹興信公 も共に祭り, 太象賢公と鄭撥将軍の後を追って殉死した金 蟾と愛香の祠を忠烈同の菊1奶外側に建立しました。

忠烈祠はその後, 幾度か改修と補修を行い, 現在は 95,119ボの境内に, 本殿のほか15楝の建物があり, 細 地域で殉節した93柱の位牌を奉安して, 毎年5月25日に多 くの市民により厳粛に祭祀が執り行われます。