Busan Metropolitan City

検索
釜山紹介
釜山市政
文化·観光
交通手段
経済産業
暮らし
その他

暮らし

韓国の教育制度

暮らし > 教育 > 韓国の教育制度

韓国の教育制度

韓国では6歳から11歳までの児童の初等教育から公教育制度が始まります。 12歳から14歳までは中等教育、15歳から17歳までの高等教育、その次は大学に続けて進学することができます。

幼稚園

幼稚園は幼児が次の段階の学校教育を受ける予備教育になります。園児は一日に3時間ほど幼稚園で過ごします。

小学校

小学校は基本教育を行なうことにより、国家の健全な国民に育成することを助成することにあります。
国語、数学、音楽、美術、科学、自然科学教育、実践能力を教育課程で毎年220日を越える授業を行なっています。
外国人の子女が韓国の学校に入学したり転校するには、移民局本部が発行する該当者の登録証明書を転入学する教育機関に提出しなければなりません。
その後、子女の入学や転校が可能です。

中学校 & 高等学校

外国人の子女が高等学校に転入学するには、外国人登録手続きを終えなければいけません。
その時は市の教育庁に申請します。
子女の転入学する学校と学年(等級)は子女の以前の全体教育レベルに従って決定されます。
もし子女が正規の全日制初・中・高等学校でなく他の学校を希望する場合は、直接希望する学校を志願することができます。
以外に例外的な入学制度があります。
両親が共に外国人である子女(あるいは中学や高校教育を完全に終えた外国市民権を持っている子女)が韓国人の学校に転校するには例外的な入学資格になります。
子女は現在通学している教育課程と同等か、上級の教育レベルの学校に入ることになります。