Busan Metropolitan City

検索
釜山紹介
釜山市政
文化·観光
交通手段
経済産業
暮らし
その他

暮らし

釜山の医療観光の競爭力

暮らし > 医療情報 > 医療観光 > 釜山の医療観光の競爭力
アジアの医療ハブ都市

釜山の醫療観光の競爭力

釜山は醫療観光に適した、季節を通して穏やかな氣候とすぐれた観光資源に恵まれており、日本、中國、タイ、ロシアなど世界各國と直航便が開かれているだけでなく、港、鐵道、高速道路といった様々な交通インフラを有しているなど、交通の利便性に優れ、東北アジアの玄関口として急浮上している。

また、国際映畵祭、大花火大会などの大規模な国際行事を始め、APEC首脳會談会議場、BEXCO(ベクスコ)などの国際會議施設を含む豊富な観光インフラを備えており、これを土台に優れた醫療施設及び高度な醫療水準を生かし、アジアの醫療ハブ都市を目指し、現在様々な施策を推進中である。

釜山には大學病院5、総合病院23、病院215、韓方病院8、齒科医院1,034、小規模醫院2,078、韓方醫院949など、全4,300ヶ所の医療機關があり、5つの醫科大學において、毎年、醫師、齒科醫師、韓方醫師などの専門醫療従事者が220余名、また醫療に携わる人材360余名が養成されるなど、医療観光の基本である醫療インフラが構築されている。また、醫療観光活性化のため、200ヶ所の機關及び民間團體が参加した(社)釜山圈醫療産業協議會󰡓を發足し、醫療観光專門人材の育成支援、醫療観光産業の發展硏究事業、醫療観光商品開發、海外醫療観光說明會、醫療観光特区及び醫療をテーマにした通りの造成など、官民共同で醫療観光マーケティングを推進中である。