Busan Metropolitan City

検索
釜山紹介
釜山市政
文化·観光
交通手段
経済産業
暮らし
その他

暮らし

税務

暮らし > 法律情報 > 税務

国籍に関係なく韓国に住んでいる人はすべて韓国に税金を納付しなければならない。 個人が納付する主な税金は、政府に納付する所得税、付加価値税、地方自治局に納付する住居税、取得税、登録税等々があります

所得税と所得控除

所得税は次のように分類されます。
一般的な所得税は一般的所得の総計に賦課され、税金の総計は税務署が確認します。
退職所得税は退職金、譲渡税は譲渡所得、林業所得税は林業所得に賦課されます。
税金を納める人の所得控除は、その翌年の5月1日から31日の間に住居地域の税務署で行なわれます。

付加価値税

付加価値税はすべての業務で付加的に価値を発生するものに対して賦課される税金で、会社や個人が納めます。
事業者は地域の税務署に事業登録をした後、各々の業務に対する税金会計に変換しなければなりません。
そして、付加価値税の控除期間にこの会計を提出します。

地方税

地方税は取得税、登録税、住居税、自動車税、免許税、資産税等々を含むもので、地域自治当局に納付します。
* 韓国で税金に関するより多くの情報を得るためには、財政部のウェッブサイトを訪問し、外国勤労者の権利に関する質問に対し釜山支部でも回答するなど、外国人を支援しています。