About
Busan
City
Government
Culture
& Tourism
Transportation
Business
Residents
Help
배경이미지

福泉博物館

主要所蔵品

HOME > 福泉博物館 > 展示案内 > 主要所蔵品

A total of 5 posts. (1/1page)

  • 鎧(釜山 福泉洞古墳群 38号)

    鎧(釜山 福泉洞古墳群 38号)썸네일
    鎧は、敵から身を守るための警備用武器である。福泉洞古墳群は、国内で鎧が最も多く出土した遺跡であり、鎧には長い板を利用して作った板鎧と、小さい鱗型の板を繋いで作った鱗鎧(札甲)がある。それ以外の闘具や首保護具や手首保護具、肩保護具など様々な種類の甲冑がある。 
  • 枝つき鈴(釜山 福泉洞古墳群 22号)

    枝つき鈴(釜山 福泉洞古墳群 22号)썸네일
    福泉洞古墳群22号からは、7つの鈴がついた青銅製の枝つき鈴が出土した。鈴は、算盤球の形で4つの楕円形の穴が開いており、その中に小さな玉が入っていて振ると音がなる。持ち手の内側に木の破片があり、長い棒に刺して使用したと見られる。 
  • 靴物型土器(釜山 福泉洞古墳群 53号)

    靴物型土器(釜山 福泉洞古墳群 53号)썸네일
    履き物の形の土器は、高杯(対角台脚)の上に今日のサンダルのような形のはき物を載せたものである。履き物の中には杯を載せて液体などを入れられるようにしてある一種の容器であり、新羅時代の古墳の副葬品の一つであると確認されている。 
  • 鴨型土器(釜山 福泉洞古墳群 86号)

    鴨型土器(釜山 福泉洞古墳群 86号)썸네일
    古代伽耶と新羅の墓では、まるで本物の鴨のような鴨型土器、又は鳥型土器が多く出土する。背には液体を入れられるように円形の形の入り口があり、穴のあいた尻尾の側と繋がっている。三国誌魏書東夷伝の弁辰条の「伽耶人は死んだ者が天へ舞い上がれるように望み、鳥が死者の魂をあの世につれてゆくと信じている」という記録と符合する。 ​
  • 金銅冠(釜山 福泉洞古墳群 11号)

    金銅冠(釜山 福泉洞古墳群 11号)썸네일
    福泉洞古墳群の金銅冠は、1号と11号古墳から1点ずつ出土したが、前者は「出」字の形の装飾があり、慶州や大邱、昌寧などで似た形態に作られたものがある。後者は木の枝の装飾が独特であるが、この金銅冠は漢江以南地域で発見されたもののうち最も古いものである。