About
Busan
City
Government
Culture
& Tourism
Transportation
Business
Residents
Help
배경이미지

釜山博物館

展示

HOME > 釜山博物館 > 活動 > 展示
釜山博物館

当博物館では, 学芸研究員らの研究活動に基づく各種の文化資料を機能的に配置し, 市民にその文化的背景を理解していただくために, 活発な展示活動を展開しております。 展示活動は, 大きく常設展示と企画展示に分けられます。常設展示は常時観覧が可能な展示で, 現在の常設展示は, 東莱館·釜山館の2つの展示館と屋外展示場では, 旧石器時代から近現代に至るまでの釜山地域を中心とした歴史の流れが窺えるさまざまな遺物や遺品を展示しています。

一方, 企画展示は, 特定の時代や分野, 地域などをテーマに企画した展示を指します。2003年‹もう一つの生, 我々の人形›, 2004年‹花と陶磁›, 2005年‹朝鮮女人の美›, 2006年‹再会する王室文化の精粋, 玉璽展›, ‹線と線が出会うとき, 東アジアの刺繍展›, 2007年‹幸せが満ちている絵, 民画›, 2008年‹宮, 国立中央博物館所蔵ガラス乾板の宮殿写真›, 2009年‹東莱府史›, 2010年‹蒋英実(チャン·ヨンシル)と科学の国, 窮理›, 2011年‹吉祥›, 2012年‹壬辰倭乱›, 2013年‹躍進, 50年の跡›, 2014年‹嶺南大路›など, 約70回にのぼる多彩な企画展が開催されました。また, 世界各国の姉妹都市の多様な歴史と文化を紹介する国際交流展を2005年から現在まで毎年開催しています。2005年「中国古代青銅器·玉器展›, 2008年‹韓国と日本›, 2009年「中国国家博物館所蔵の名品うつわ展›, 2010年‹ベトナム, 紅河からメコン川まで›, 2011年‹土を捏ねて玉を作る, 龍泉青磁›, 2012年‹トルコ文明展›, 2013年‹フォルモサ, 台湾の文化›, 2014年‹ロシア沿海州文物展, プリモーリエ›など, 多彩なテーマで国際交流展を開催しています。