About
Busan
City
Government
Culture
& Tourism
Transportation
Business
Residents
Help
배경이미지

東三洞貝塚展示館

紹介

HOME > 東三洞貝塚展示館 > 紹介 > 紹介
東三洞貝塚展示館

ようこそ!東三洞貝塚展示館へ

東三洞貝塚展示館

東三洞貝塚は, 数回の発掘調査で櫛目文土器, 石器, 骨製装飾品, 土製品, 装飾具を始めとする各種の魚介類や動物の骨が出土しました。また, 1999年釜山博物館の調査で韓半島で最も古い穀物であるアワやキビが発見されました。また, 韓・日の新石器文化の交流関係を示す多くの縄文土器や黒曜石などが出土しました。このことから, 韓国の新石器文化の性格や実態を究明する重要な遺跡であることを再度立証することができました。

更に, 釜山博物館では新石器時代の代表的文化遺産である東三洞東三洞貝塚遺跡地と発掘遺物を国内外に公開し, 生きた歴史教育の場として活用するための専門博物館として東三洞貝塚展示館を2002年4月24日に開館しました。

小さい規模の展示館ではありますが, 釜山博物館は東三洞貝塚展示館を通じて新石器時代の歴史と文化を明らかにし, より多くのものを培っていくために絶え間なく努力していきます。

沿革