About
Busan
City
Government
Culture
& Tourism
Transportation
Business
Residents
Help
배경이미지

鼎冠博物館

ソドゥバンの記憶

HOME > 鼎冠博物館 > 展示案内 > ソドゥバンの記憶
鼎冠博物館

鼎冠新都市開発によって故郷を離れた住民の記憶を再生するための空間として, 過去と現在の都市をつなぎます。過去の鼎冠村の風景と歴史を新都市からの移住民に紹介し, 先住民には故郷の面影を伝えます。

ソドゥバンの記憶

鼎冠の教育

鼎冠の教育

ひとつの国の100年先の未来を決める大きな計画は教育であると言うように, 先祖は早くから国家百年の計としての教育を重視してきた。機張邑内に機張郷校が残っており, 鼎冠には私立教育機関として書院と同様の性格を持つ龍山齋(ヨンサンジェ)と溯湖臺(ソホデ), そして玉作谷(オクジャッコク)という有名な書堂があった。その後, 日帝時代の朝鮮教育令により, 植民地支配下で教育政策が施行され, 機張地域でも近代教育が始まった。

 

国を救った鼎冠の戦士

国を救った鼎冠の戦士

国が外勢の侵略で危機にさらされると, 死を覚悟して戦い, 国難の克服に臨んだ偉大な精神は全国で表れた。1592年に壬辰の乱が起きると, 気概に満ちていた鼎冠出身の人士は義兵として戦った。日本の植民地時代の統治下では, 機張地域の独立万歳運動を主導的に展開した。