About
Busan
City
Government
Culture
& Tourism
Transportation
Business
Residents
Help
배경이미지

鼎冠博物館

紹介

HOME > 鼎冠博物館 > 紹介 > 紹介
鼎冠博物館

ようこそ! 鼎冠博物館へ

ようこそ! 鼎冠博物館へ

鼎冠博物館は新都市の造成により, 鼎冠面·佳洞にあった1700年前の三国時代の村の遺跡から出土した遺物を保存して展示するために建設されました。機張地域の三国時代の村の遺跡から発掘した遺物も一緒に展示し, 当時の生活をリアルに伝えます。さらに新都市開発で村を離れざるを得なかった先住民の話と村の歴史を共有できるスペースも設けられています。

現代の博物館には文化遺産を保存して伝承する次元から脱し, 市民とコミュニケーションを取りながら共存していく複合文化空間としての役割が一層求められています。新しく誕生した鼎冠博物館はこのような流れに従い, 歴史と伝統文化を基盤に過去と未来をつなぐ橋渡しの役割を自ら担い, 常に皆様とともに成長していくことをお約束します。

 

建設背景

鼎冠宅地開発事業の地区内で発掘された遺物に対し, 展示館及び遺跡公園を建設して展示·保管するように文化財庁からの措置通知。 埋蔵文化財の保管管理庁である釜山市(釜山博物館)からの寄付採納を受けて運営するように協議決定。

博物館の特徴

韓国初の三国時代の生活史博物館であり, 当時の人々の暮らしや村を中心とした活動を具体的に再現している。屋外展示公園には, 三国時代の村と家屋を再現して来館者が体験できるようにしている。 新都市開発で故郷を離れた先住民の記憶を再生するためのスペースを設け, 過去と現在の都市をつなぐことで, 村の歴史を新都市からの移住民に紹介する。
釜山で唯一の子供歴史体験室では, 三国時代のパレード·工房·童話の国などで体験ができ, 遊びながら歴史に対して親近感を持つことで好奇心を引き出す。

沿革