About
Busan
City
Government
Culture
& Tourism
Transportation
Business
Residents
Help
배경이미지

近代歴史館

第2展示室

HOME > 近代歴史館 > 展示案内 > 第2展示室
近代歴史館

東洋拓殖株式会社

東洋拓殖株式会社

東洋拓殖株式会社は, 日本が朝鮮経済を支配する目的で1908年設立した国策会社である。会社は, 朝鮮から米を安定的に受け入れ, 没落した日本の農民を救済するという目標を持っていた。このため, 農場経営と日本人の移民政策を積極的に推進した。

会社は1917年以降金融及び産業資本で投資領域を拡大した。一方, 営業地域を朝鮮だけでなく満州·東南アジア·南米地域に広げた。しかし, 会社の主要収入源は朝鮮の小作農から収奪した小作料であった。最低の生活すら保障されない朝鮮人の小作農は, 小作争議で会社の横領に立ち向かった。

韓米関係

韓米関係

韓国と米国は, 1882年朝米就航通商条約で公式的な関係を始めたが, 1905年の日本との乙巳条約締結で外交関係が断絶した。
1945年第2次世界大戦の勝戦国と敗戦国の植民地として再び出会った両国は, 米軍政と韓国戦争を経て血盟国となり, 韓米同盟の歴史が本格的に始まった。米国は戦争参戦と軍事·経済的援助を通じて韓国の再建と復興に大きな影響を与えた。しかし, 1980年代以降韓国の民主化要求が非常に強くなるにつれ, 米国との関係を再定立しようという試みが続き, 市民の要求で釜山の米文化院が返還されるという成果をあげた。現在, 21世紀の韓米関係は新しい協力関係を打ち立てるべき時期に来ている。