About
Busan
City
Government
Culture
& Tourism
Transportation
Business
Residents
Help
배경이미지

近代歴史館

主要所蔵品

HOME > 近代歴史館 > 展示案内 > 主要所蔵品

A total of 6 posts. (1/1page)

  • 学徒兵日章旗 80×66、日帝強占期

    学徒兵日章旗 80×66、日帝強占期썸네일
    この日章旗は、徴兵にとられていく朝鮮の人々が士気を高め、日本の天皇のために壮烈に戦うことができるよう、胸に付着する用途として作られたものだ。日章旗には、「武運長久」「尽忠報国」など周囲の人々が書いた各種の激励の文句がある。 
  • 麻糸、綿糸 日帝強占期

    麻糸、綿糸 日帝強占期썸네일
    この糸は、近代綿紡織工場で生産した製品である。機械式で大量生産図や商品の価格が低かったため朝鮮の農民が家内手工業で生産した糸は市場から追い出された。その結果朝鮮の農民の家内手工業は次第に没落していった。  
  • 壁報(国民栄養食の作り方)37.5×52, 1941年

    壁報(国民栄養食の作り方)37.5×52, 1941年썸네일
    この壁報は、大日本婦人会慶南道支部が1941年製作したものである。日帝が戦争末期、物資を収奪し、不足した物資を円滑に調達するための広報用であった。米収奪による食料不足を補充するため、国民栄養食品という名で混食を奨励している。 
  • 米穀袋 42×65 日帝強占期

    米穀袋 42×65 日帝強占期썸네일
    釜山港は、米穀輸出港であった理由として精米所が多かったことがあげられる。この中でも加藤精米所と朝鮮精米株式会社は、全国的に支店を置いた大規模精米所であった。輸出米穀の質を高めるため、朝鮮総督府の検査表示が袋に表示されている。加藤精米所の袋には、「純無沙ダイヤ白米」と印刷され、砂が全く混じらない最上の白米だと宣伝されていた。 
  • 釜山府市街図 78.6×54.9, 1936年

    釜山府市街図 78.6×54.9, 1936年썸네일
    この地図は、1936年に製作されたものである。表面には北港付近が、裏面には釜山鎭と南区の埋立て状況が正確に表示してある。北港の埋立ては港湾施設の拡充、釜山鎭の埋立ては工業地帯の造成と市街地建設が目的であった。地図上には、埋立て地にはチョンス精米所やテソン醸造など近代施設を備えた工場が立ち並んでいる。  
  • 鮮満時間表 8.6×12.9, 1941年

    鮮満時間表 8.6×12.9, 1941年썸네일
    日本の東京、大阪、神戸から出発した汽車が下関と釜山を経て満州、北京へいたる鉄道状況を確認することができる。鉄道は便利な交通手段であっただけでなく、日帝が朝鮮や中国、満州をより容易に収奪するための施設でもあった。