About
Busan
City
Government
Culture
& Tourism
Transportation
Business
Residents
Help
배경이미지

臨時首都記念館

大統領官邸

HOME > 臨時首都記念館 > 展示案内 > 大統領官邸
臨時首都記念館

大統領官邸

臨時首都期, 大統領官邸(釜山・景武台と呼ばれていた)は, 李承晩大統領夫妻や秘書らが暮らしながら執務にあたり, 主要な国賓をもてなした空間である。臨時首都記念館は, 臨時首都期に大統領官邸として使用されていた当時の室内構造と雰囲気をそのまま再現した。

2000年から2001年にわたる復元工事と2002年に行われた内装工事は, 「釜山の景武台(キョンムデ)」と呼ばれた朝鮮戦争当時の室内構造と雰囲気を忠実に再現することを主眼としており, 大統領の国政遂行に関する様々な写真資料や遺物が展示されている。 1階には, 応接室と書斎, 内室, 居間, 食堂, 台所, 警備室(証言の部屋), 調理師室(思考の部屋)など8つの部屋, 浴室, 化粧室などがある。2階の展示室は, 執務室と客室に朝鮮戦争関連の遺物と李承晩大統領の遺品が展示されているほか, 臨時首都釜山に関する映像を観賞できる上映コーナー「回想の部屋」で構成されている。

1階

応接室

応接室

大統領が公式業務を処理していた場所で, 朝鮮戦争当時は大韓民国政治の最終的な決定と対外的には外交業務が実際に行われた場所でもある。ここで李承晩大統領は副大統領と長官, 将軍など主要公職者を任命したり, 彼らから国政に関する報告を受けて業務指示を出したりした。また, ジョン・J・ムチオ(John Joseph Muccio)大使やマシュー・B・リッジウェイ(Matthew Bunker Ridgway)将軍など外交・軍事上の主要人物と接見した場所でもある。

 

書斎

書斎

応接室の横にある小さな部屋で, 各種書籍や業務参考資料を保管した場所である。戦争期, 李承晩大統領は激務の中この書斎で休息をとり, 食事をするなど大部分の時間を過ごしたといわれる。

 

主寝室

主寝室

李承晩大統領夫妻が滞在中, 寝室として利用していた部屋である。ここには李承晩大統領とフランチェスカ夫人の韓服が展示してあり, 螺鈿作りの箪笥や家具など寝室を飾る生活道具がある。

 

居間

居間

居間は, 李承晩大統領の家族と景武台で働く人々が集まった場所である。避難当時の政治活動や避難民の生活, 教育, 市場などの様子がわかるミニチュアを展示している。

 

食堂と台所

食堂と台所

食堂は李承晩大統領の家族及び官邸職員らが食事をした場所であり, 台所では直接飯を炊き, おかずを調理した。ここでは食器棚や食卓, サイドボード, 各種食器類の小物が展示されている。

 

証言の部屋

証言の部屋

証言の部屋は, 元々警備室として使われていた部屋である。韓国戦争の惨禍を伝えるために当時特攻隊員として戦争に参加したイ・ジョンスクさんの証言を聞ける部屋になっている。

 

思考の部屋

思考の部屋

思考の部屋は, 元々調理師が住んでいた場所である。韓国戦争及び李承晩大統領関連の図書を配置し, 当時の状況を反芻できるようにした。

 

2階

展示室

展示室

2階展示室は, 元々李承晩大統領の執務室だった。ここで李承晩大統領は, 個人的な仕事を行い, フランチェスカ夫人は大統領官邸の家事を担った。2008年この展示室をリニューアルし, 李承晩大統領の遺品及び当時の近代資料を展示した。また, 「韓国戦争期大統領官邸臨時首都記念館」, 「臨時首都期主要政治史年表」, 「臨時首都記念館と大統領の政治活動」と関連したパネルを展示している。

 

李起鵬の手紙

李起鵬の手紙

李起鵬の手紙は, 当時の李起鵬長官が遺族に対し慰霊祭の行事を知らせたものである。1951年9月28日, 釜山東萊に設置された歩兵学校で戦争で死亡した軍人に対する慰霊祭(陸海空軍戦没将兵共同慰霊祭)が軍人遺族の参列の中行われた。

 

李承晩大統領の軍用防寒服

李承晩大統領の軍用防寒服

李承晩大統領が前方部隊と訓練所を視察したときに着ていた服である。韓国戦争勃発当時, 李承晩大統領は75歳を超える高齢であったにも関わらず, この防寒服を着て前方部隊と訓練所を空いた時間さえあれば視察していたと伝えられている。

 

回想の部屋

回想の部屋

元々大統領官邸に訪れた客が主に使っていた部屋を, 現在は<臨時首都釜山, 1000日の歴史>, <それでも人生は美しい>など, 朝鮮戦争期の臨時首都釜山に関する映像を上映する「回想の部屋」として使用している。