About
Busan
City
Government
Culture
& Tourism
Transportation
Business
Residents
Help
배경이미지

臨時首都記念館

紹介

HOME > 臨時首都記念館 > 紹介 > 紹介
臨時首都記念館

ようこそ!臨時首都記念館へ

臨時首都記念館

臨時首都記念館ホームページにお越しいただき, 有難うございます。臨時首都記念館は, 朝鮮戦争で国難の時期にあった大韓民国の臨時首都としての務めを立派に果した釜山の名声と歴史を記念し, 釜山市民に誇りを持たせるために1984年6月25日に開館しました。
開館当時の中心的な建物であった今の大統領官邸は, 日本の植民地時代の1925年, 慶尚南道庁が晋州から釜山に移転することになり, 1926年8月10日に道知事官舎として建てられた煉瓦造2階建の家屋です。1950年に朝鮮戦争が勃発して釜山が大韓民国の臨時首都として機能していた期間(1950〜53年)には, 大韓民国の初代大統領である李承晩(イ·スンマン)大統領が滞在した場所でもあります。

現在, 近代建築としての歴史性が認められ, 釜山市記念物53号に指定されて管理されています。よく手入れされた屋外の庭と調和をなし, 静かな趣のある場所でもあります。朝鮮戦争当時は大韓民国の政治の最終決定と外交業務が行われた場所であったことをリアルに表現するために, 大統領の執務室や応接室などを当時の雰囲気に忠実に再現しています。ここは同時に大統領夫妻と随行秘書の生活空間でもあったため, 内室, 居間, 応接室, 食堂, 台所などから簡素で素朴な大統領夫妻の日常的な姿を垣間見ることができます。

2012年9月19日, 大統領官邸の裏側に位置していた旧釜山高等検察庁の検事長官邸を全面改装して, 新しい展示館として開館しました。地下1階, 地上1階の煉瓦造家屋となっている展示館は, 朝鮮戦争の勃発と避難民の生活, 臨時首都としての釜山の政治, 経済, 文化などを再現した常設展示室として使用されています。

今後, 朝鮮戦争期の大韓民国の心臓として機能していた避難首都釜山の意義を広く知らせる役割を果すために, 新たな展示資料を確保し, 展示館を新築するなど, 持続的な発展に向けて努力してまいります。

これからも皆様のご声援のほどよろしくお願い申し上げます。

臨時首都記念館 職員一同。

沿革

開館移転

開館以降