Busan Metropolitan City

検索
釜山紹介
釜山市政
文化·観光
交通手段
経済産業
暮らし
その他

文化·観光

生物種の多様性の報告

文化·観光 > 洛東江河口 エコセンター > 洛東江河口 生態情報 > 生物種の多様性の報告 > 生物種の多様性の報告
生物種の多様性の報告

洛東江河ロは淡水、汽水、海水が連結された川の終着,駅 として、川と海の相異なる生態系を連結する緩衝地帯で あると同時に、陸地の栄綦塩を海に伝達し、沿岸地域の生態的 生産力を左右する生命線です。また烏頸と貝頦、低樓勅物、昆 虫の繁5道と産卵、樓息地としての機能、餌の供給地としての機 能を持っています。このような生物多様性の宝庫であるだけで なく、海水産物の春殛と採取が活発な埸所でもあるのです。

洛東江河ロの環境で忘れてはならないのが、生物が生きる条件 、即ち豊富な食料です。

ここは川の上流の栄春分が芩く含まれている堆稜物が流れてき て、河口の砂干潟、水草などが稜もり、川と海が交わり全ての 生物の発生源になる埸所です。ですから下等動物である原生勅 物から軟体動物、甲殼頦、琛形勅物、魚頌にいたるまで、様々 な種頊の生物が生息しています。

このような琛境は、湿地生物にも一番適合する生息琛境となります。目には見えない原生動物はゴカイのいい餌となり 、ゴカイは力モメ、シギ額、チドリ頌の餌となります。また芩くの魚はウミ

ガラス類、力イツプリ類の豊富な餌であり、力モが芩く集まる埸所ならば当然カモを食する天然記念物のワシタカ頌が 飛来してきます。即ち生物の食の形である食物連鎖がよく出来ているのであり、多様な種を構成している埸所がまさに 洛島江河ロなのです。