Busan Metropolitan City

検索
釜山紹介
釜山市政
文化·観光
交通手段
経済産業
暮らし
その他

暮らし

競技場紹介

暮らし > 体育 > 九徳運動場 > 競技場紹介

競技場紹介

1920年6月、小さい動物園のある広場に住民達がよく集まるようになって、町の体育大会の場所として使われてきたが、1928年9月釜山公設運動場が建立され、1982年6月九徳運動場と改称された。1940年11月東莱高校、釜山商業高等学校の学生達の民族獨立運動がここで起こされた。

九徳(クドク)運動場は、1985年に社稷(サジク)運動場が建設される前まで釜山で唯一の市民総合運動場で、陸上競技場、野球場、体育館、プールなどの体育施設があり、1988年ソウルオリンピックの補助競技場、1997年東アジア競技大会のメインスタジアムとして国内外に広く知られている所だ。

現在、メインスタジアムは、プロサッカーチームアイパーク、サッカー実業団、釜山交通公社のホーム球場として使われており、九徳(クドク)野球場や九徳(クドク)体育館は再開発事業(2017~2018年)により撤去され、その場所に体育公園が作られた。

2019年3月にオープンした九徳体育公園は、テニスコート、フットサル場、ゲートボール場、多目的球場、バスケットボール場を作って市民の誰もが利用できるようにしており、また、付近の住民たちのための散策路、ヨルリン(開かれた)広場、パーゴラ、ベンチなどの施設を設けている。

  • 位置 : 釜山広域市 西区望洋路57
  • 電話 : +82-51-247-5771


九徳運動場 競技場別規模
九徳運動場 競技場別規模
区分 敷地面積 建築面積 構造 競技場面積 收容人員 備 考
主競技場 30,499m2 13,347.38m2 鉄筋コンクリート造 15,178m2 12,349 天然芝 (400メ-タトラック)
体育公園 28,543m2 8215.54m2
シルム場 3,470.73m2 634.51m2 634m2 369