About
Busan
City
Government
Culture
& Tourism
Transportation
Business
Residents
Help
배경이미지

近代歴史館

紹介

HOME > 近代歴史館 > 紹介 > 紹介
近代歴史館

ようこそ!釜山近代歴史館へ

近代歴史館

釜山近代歴史館は、日帝強制占領期である1929年に建てられた建物で、最初は植民地収奪機構であった東洋拓殖株式会社釜山支店として使用され、解放以降の1949年からは米国の海外公報処・釜山文化院となりました。その後、釜山市民の絶え間ない返還要求によってアメリカ文化院が撤収し、1999年大韓民国政府へ返還され、その年の6月、釜山市が入手しました。

この建物が日帝時代の侵略の象徴であっただけに、市民にその苦痛と試練の歴史を伝える教育の場として活用するため、釜山近代歴史館としてリモデリングし、2003年7月3日に開館しました。

展示館は、釜山関連の近・現代史遺物200点以上をはじめとして、映像、模型などの立体的な展示物を活用し、釜山の近・現代史を一目で理解できるようになっています。これ以外にも、多様なテーマの特別展示と交流展示開催や博物館プログラムの運営、持続的な近・現代史の学術調査等を通して、市民の皆様の傍にある博物館としての役割を果たしていきます。

沿革