Busan Metropolitan City

検索
釜山紹介
釜山市政
文化·観光
交通手段
経済産業
暮らし
その他

暮らし

河口とは

暮らし > 洛東江河口 エコセンター > 洛東江河口 生態情報 > 洛東江河口について > 河口とは

河口は川や河川が海と出会う場所です

すなわち淡水と海水が交わる埸所であり、一部の地域は陸地で、一部の地域は海です。河口地域は淡水である川が塩辛い 海水と交わる地域で、塩分濃度の変化が激しいところです。
干満の周期と干満の差、そして河川の流垦変勅により淡水と海水が交わる水域の範囲がそれぞれ達い、地理的に境界がは っきりしていません。
河口地域での塩分濃度は、川から流れてくる淡水が薄まり、淡水よりは塩分濃度が高く、海水よりは薄いという状態を見 せますが、これを汽水といいます。
ですから河口は汽水地域に属します。
河口では淡水Iこ棲む淡水魚、淡水と海水が交わる地域Iこ棲む魚、海水Iこ棲む海水魚を見ることでさます。河口の生物多様性が高いのは、まさにこのためです。塩分濃度が互いに達う様々な生息地を持っている ので、それに適応して生息する勅植物が芩彩に息づいているのです。
河口に行くと、周边の様々な琛境に出会えます。つ湿地と沼があり、陸地には潟湖と呼ばれる湖もあります。河口の海側 には三角州、河口、干潟などが発達しています。川に従って運搬されてきた砂と泥が海側に堆稜した三角州は、土が肥 沃なため主に農業地帯を成しています。
河口の周边の干潟は栄春分が豊富で、数千種に及ぶ動植物が生息しています。河口干潟の周边には萆などの塩生植物が肓 ち、その風杲はとても美しく、また烏の食〜物も多いため、渡り烏の休息地にもなっています。

流水による地形

河口とは