Busan Metropolitan City

検索
釜山紹介
釜山市政
文化·観光
交通手段
経済産業
暮らし
その他

個人情報保護方針

釜山広域市の個人情報処理(保護)方針

個人情報保護方針 > 釜山広域市の個人情報処理(保護)方針
釜山広域市は、個人情報保護法第30条の規定により、情報主体の個人情報を保護し、これに関連した苦情を迅速かつ円滑に処理できるよう、次のように個人情報の処理方針を策定・公開します。.

第1条 個人情報の処理目的

① 釜山広域市は、市民への行政サービス及び苦情処理、所管業務の遂行などの目的で個人情報を収集・保有しています。

② 収集した個人情報は、収集目的以外には使用せず、利用目的が変更される場合には、個人情報保護法第18条の規定により、別途の同意を受けるなど、必要な措置を講ずる予定です。

第2条 個人情報の処理と保有期間

① 釜山広域市が保有している個人情報は、収集・利用目的の範囲内で処理し、個人情報保護法および関連法令で定める保有期間を準用して行っています。

② 釜山広域市が保有している個人情報の処理と保存期間の照会方法は次のとおりです。
▷個人情報の処理と保有期間: 個人情報ファイル名を表示

※閲覧方法:個人情報保護総合支援ポータル www.privacy.go.kr > ミンウォンマダン(苦情窓口)>個人情報の閲覧要求>個人情報ファイルのリストを検索>機関名「釜山広域市」を入力後、検索

第3条 処理する個人情報

① 釜山広域市は、個人情報の収集・保有目的に必要な最低限の情報を収集・処理しています。

② 釜山広域市のホームページサービスの利用過程で、IPアドレス、クッキー、MACアドレス、サービス利用記録、検索履歴、不正利用記録などの個人情報の項目が自動的に生成され、収集されることがあります。

③ 釜山広域市は、法令の規定と情報主体の同意によってのみ個人情報を収集・保有しており、収集された個人情報の項目の閲覧方法は次のとおりです。
▷個人情報項目: 個人情報のファイル名を表示

第4条 個人情報の第三者への提供

① 釜山広域市は、原則として、情報主体の個人情報を収集・利用目的の範囲内で処理し、次の場合を除いては、情報主体の事前の同意を得ることなく、本来の目的の範囲を超える処理をしたり、第3者に提供したりすることはいたしません。

1. 情報主体から別途の同意を得た場合

2. 他の法律に特別な定めがある場合

3. 情報主体またはその法定代理人が意思表示をすることができない状態にある場合、あるいは、住所不明などで事前の同意を得ることができない場合であって、明らかに情報主体または第三者の差し迫った生命、身体、財産の利益のために必要であると認められた場合

4. 統計作成、学術研究などの目的のために必要な場合で、特定個人を認識することができない形で個人情報を提供する場合

5. 個人情報を目的以外の用途に利用したり、第三者に提供しなければ、他の法律で定める所管業務を行うことができない場合、保護委員会の審議・議決を経た場合

6. 条約、その他の国際協定の履行のために、外国政府や国際機関に提供するために必要な場合

7. 犯罪の捜査と公訴の提起及び維持のために必要な場合

8. 裁判所の裁判業務遂行のために必要な場合

9. 刑と監護、保護処分の執行のために必要な場合
☞ 個人情報の第3者への提供の現状を表示

第5条 個人情報の処理委託

① 釜山広域市は、個人情報の処理を業務委託する際に以下の事項を契約(協約)の文書に明示して処理し、受託者が個人情報を安全な処理を行うことを指導し、管理監督を行っています。

1. 委託業務の遂行を目的以外の個人情報の処理の禁止に関する事項

2. 個人情報の技術的・管理的保護措置に関する事項

3. 委託業務の目的と範囲

4. 再委託の制限に関する事項

5. 個人情報へのアクセス制限などの安全確保の措置に関する事項

6. 委託業務に関連して保有している個人情報の管理状況の点検などの監督に関する事項

7. 受託者が遵守しなければならない義務を違反した場合の損害賠償等の責任に関する事項

② 釜山広域市は円滑な個人情報の業務処理のために、個人情報の処理業務を委託しており、その現状は以下のとおりです。
☞ 個人情報委託の現状を表示

第6条 個人情報の安全性確保措置

① 釜山広域市は、個人情報の安全確保のために、次のような措置を取っています。

1. 個人情報の安全な処理のための内部管理計画の樹立・施行

2. 個人情報処理システムへのアクセス権の管理計画を樹立・施行

3. 情報通信網を通じた不正なアクセスや侵害事故防止の対策を樹立・施行

4. 情報通信網を通じた固有の識別情報、パスワード、バイオ情報送信や保存した場合の暗号化処理

5. 個人情報取扱者が個人情報の処理システムにアクセスした記録を6ヶ月以上保管、定期点検

6. 個人情報に対するセキュリティプログラムの設置及び更新

7. 個人情報の流出などの個人情報侵害事故の防止のために端末機へのアクセス制限、セキュリティプログラムの設置

8. データセンター、資料保管室などの個人情報を保管している物理的な場所へのアクセスを制限

9. 災害・災難に備え、個人情報の処理システムを保護するための危機対応マニュアルなどの対応手順の設定と定期点検

10. 個人情報の保有期限到来など破棄事由が生じた場合、復元できないように完全に消除

第7条個人情報の自動収集・運営及び拒否

① 釜山広域市は、ウェブサイト利用者に個別に合わせたサービスを提供するために、ウェブサイトの利用情報を保存し、随時に読み込む「クッキー(cookie)」を使用します。

② クッキーは、ウェブサイトを訪問する場合、そのウェブサイトのサーバーを経由してインターネットユーザーのコンピュータに保存される小規模の履歴情報ファイルです。

1. クッキーの使用目的:利用者が訪問した各サービスとウェブサイトへの訪問及び利用形態、人気検索語、セキュリティアクセスの有無などを把握して利用者に最適化された情報提供をするために使用されます。

2. クッキーの設置・運営及び拒否:ウェブブラウザの上部にツール>インターネットオプション>個人情報メニューのオプション設定を使用して、クッキーの保存を拒否することができます。

3. クッキー保存を拒否した場合、カスタマイズサービス利用に困難が発生する可能性があります。

4. クッキーは、ブラウザの終了時やログアウト時に全て消除されます。

第8条個人情報の破棄

① 釜山広域市は、個人情報の保有期間の経過、処理目的の達成等の個人情報が不要になったときは、遅滞なくその個人情報を破棄します。

② 情報主体から同意を得た個人情報の保有期間が経過したり、処理目的が達成されたにもかかわらず、他の法令に基づいて個人情報を継続して保有する場合には、当該個人情報(または個人情報ファイル)を別のデータベース(DB )に移動したり、保管場所を変えて保存します。

③ 個人情報破棄の手順及び方法は次のとおりです。

1. 破棄手続き
釜山広域市は破棄事由が発生した個人情報を選定し、破棄計画を策定して、個人情報保護責任者の承認を受けて、個人情報を破棄します。個人情報保護責任者は、個人情報破棄施行後に破棄結果を確認し、個人情報ファイル破棄管理台帳を作成します。

2. 破棄方法
釜山広域市は電子ファイル形式で記録・保存された個人情報は記録を再生することができないように破棄し、紙の文書に記録された個人情報は、シュレッダーで粉砕したり焼却して破棄します。

第9条 情報主体と法定代理人の権利義務とその行使方法

① 情報主体は、釜山広域市に対して個人情報の閲覧・訂正・削除・処理停止要求などの権利を行使することができます。

② 第1項の規定による権利行使は、個人情報保護法施行規則別紙第8号書式を作成し、書面、電子メール、ファクシミリ送信(FAX)などを介して行使することができ、釜山広域市はこれに対して遅滞なく措置します。

③ 第1項の規定による権利行使は、情報主体の法定代理人や委任を受けた者等の代理人を通じてすることができます。この場合、個人情報保護法施行規則別紙第11号書式による委任状を提出する必要があります。

④ 個人情報の閲覧及び処理停止要求は、個人情報保護法第35条第5項、第37条第2項により、情報主体の権利が制限されることがあります。

⑤ 個人情報の訂正および削除の要求は、他の法令で、個人情報が収集対象として明示されている場合には、その削除を要求することができません。

⑥ 釜山広域市は、情報主体の権利に基づく閲覧の要求、訂正・削除の要求、処理停止の要求をする際には閲覧などの要求をした者が本人であるか、正当な代理人であることを確認します。

第10条 個人情報の閲覧請求

① 情報主体は、釜山広域市への個人情報の閲覧を、下記の部署に請求することができます。釜山広域市は、情報主体の個人情報の閲覧の請求が迅速に処理されるよう努力します。

▶個人情報閲覧窓口受付・処理部署

  • 受付部署名:統合ミンウォン課
  • 受付担当者: 統合ミンウォン課ミンウォン受付係
  • 受付先:051-888-1481~5(ワンストップサービス)
  • 処理部署名:個人情報ファイル保有部署

② 情報主体は、第1項の閲覧請求受付・処理部署以外に、行政安全部の「個人情報保護総合支援ポータル「ウェブサイト(www.privacy.go.kr)でも、個人情報の閲覧請求をすることができます。

▶行政安全部個人情報保護総合ポータル▷個人情報ミンウォン(苦情)▷個人情報の閲覧などの要求(本人確認のためにアイピン(I-PIN)が必要)

第11条 権益侵害救済方法

① 情報主体は次の機関を通じて、個人情報の侵害に対する被害救済、相談などを申し込むことができます。
<下記の機関は、釜山広域市とは別の機関として、釜山広域市の独自の個別情報の苦情処理、被害救済の結果が不十分であった場合、または、より詳細な相談が必要な場合はお問い合わせください。>

▶個人情報の侵害申告センター(韓国インターネット振興院運営)

  • 所管業務:個人情報侵害の事実申告、相談申し込み
  • ホームページ : privacy.kisa.or.kr
  • 電話:(局番なし)118
  • 住所:(58324)全羅南道羅州市振興ギル9(ビッカラム洞301-2)3階、個人情報侵害申告センター

▶個人情報紛争調整委員会

  • 所管業務:個人情報紛争調整申請、集団紛争調整(民事的解決)
  • ホームページ : www.kopico.go.kr
  • 電話:(局番なし)1833-6972
  • 住所:(03171)ソウル特別市鍾路区世宗大路209政府ソウル庁舎4階

▶大検察庁サイバー犯罪捜査団:02-3480-3573、(www.spo.go.kr)

▶警察庁サイバー安全局:182、(cyberbureau.police.go.kr)

第12条 個人情報の保護責任者

① 釜山広域市は、個人情報を保護し、個人情報に関連する相談や苦情・被害救済などを処理するために下記のように個人情報保護責任者及び担当者を指定しています。 釜山広域市個人情報保護責任者と個人情報保護担当者を、以下のとおりです。

第12条 個人情報の保護責任者 : 区分, 所属(役職)・氏名, 連絡先
区分 所属(役職)・氏名 連絡先
個人情報保護責任者 企画管理室長イ・ビョンジン(Lee Byung-jin) 電話 : 051-888-2384
ファックス : 051-888-2359
メール :gold@korea.kr
個人情報保護担当者 情報化担当官室・Kim Ju-hwan

第13条 個人情報の処理方針の変更